こんな仕事もあります。

今日は、隣家が空き家となって、どうやら売りに出されるらしいとの
情報が入り、地続きの建物だし・・・どうしたものか? と考えておられる
お客様よりのご相談でした。

築50年くらいかと思われます。トコトン手入れが行き届いていて、
そのままでも使用可能であれば、いいのですが・・・。

間取りはともかく、アチコチに長年の痛みが見受けられます。

必ずと言ってイイほど、これくらいの年数の住まいには、『白蟻』
さんが同居しています。それとベニヤを大量に使用している為に
床は、フカフカ状態です。

ベニヤが悪いのでは無いのですが、当時のボンドは、耐水性が弱く
建築用材としては、向いて無かったのだと思います。(今さら・・・)

柱の傾き、床の不陸、建具の具合、屋根、外壁と調査をさせてもらって
考えられる見解をアドバイスさせてもらいます。

まだまだ現役に復帰は可能な建物。 これからどんなご家族とどんな
暮らしを見守るのか、お手伝い出来ることからやりましょう。

播磨のくらし“しそう杉の家” の ヤマヒロ : 谷 口
     

人気ブログランキングへ

↑   こちらのOneクリックご協力お願いします!

  
【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
   ※お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です