現場調査です。

おじいさんが建てられた平屋のお住まいに2世帯が住まう
と言う事でどう計画をするかのスタートラインを引きに
お伺いして来ました。

かなり木材に興味を持たれていた「おじいさん」だったのか
使われている材料のアチコチにそれが伺えます。

昭和初期か大正末期の建物なのですが、その当時の暮らしに
合せた空間は、整えられた庭に和室があり、動線や風の通り
道より二間続きの和室が重要みたいな間取りです。

現代の住まいにどうアレンジしていい物を残しながら新しい
物を取り込むか、大切に使われてきたご先祖からの資産を
無駄にする事無く活かせる道を模索します。

どうしてもの思入れも高価な材料の再利用もアレコレと欲が
出てきますが、キッチリと調査して計画します。

さて、現代版の和風モダンの建物を考えます。 おじいさん
にも喜んでもらえる住まいを造りましょう。

播磨のくらし“しそう杉の家” の ヤマヒロ : 谷 口

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングに参加しております。ベスト5を目指しています。下のバナーをワンクリック押していただいて引き続きヤマヒロを応援してください!よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
  4.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です