家づくり進行中

加古川市E様邸

FAMER’S HOUSE

2022年7月完成予定

(現場監督 草地)

加古川市の木の家 メインパース

住みなれた実家から、農業と共に暮らす終の住みか。 将来の夫婦二人の生活は、自然豊かな農地の近くで住むことを決めました。 冬は薪ストーブを使用し、パッシブエアコンも採用することで 快適な空間と充実した家時間を楽しめます。 農業用倉庫も併設することで『農のある暮らし』が実現します。

家族構成/60代ご夫婦(2人家族)

延床面積/137.47㎡(41.58坪)

施工床面積/175.98㎡(52.23坪)

2021年1月 家づくりスタート

①プランナーによる現地調査

加古川市の木の家 計画地

(設計)中村
 周辺には、川や田んぼが広がっており、視界の開けたとても気持ちの良い土地でした。この土地に、住宅だけでなく農業用倉庫も隣接して建てる計画です。
この景色をどう活かすかや住み心地、農作業などの使い勝手を考慮した配置計画が重要と思いました。

②プランプレゼン

プラン担当・中村によるプランプレゼン。“FAMER’S HOUSE”始まります!

資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ