大事なところです。

もうすぐ上棟を迎える『O 様』宅の現場です。

基礎工事が終わり、木工事の始まりです。 まず、土台を
監督の出した「墨」通りに取付けていきます。

ココが、建物を建てるに当たって、重要なポイントになります。
建物の高さであり、直角であったり、建物の通りであったりが
チャンと出来るかどうかの作業になります。

土台が間違い無く据え付けられて、床下の断熱が施工されます。

コレから床下地に杉板が、打ち付けられます。 床下にまで
合板を使わず、無垢材を使用します。

見えない所にも「しそう杉」を使って、しっかりとした土台で
上棟を待ちます。 楽しみです。

播磨のくらし“しそう杉の家” の ヤマヒロ : 谷 口

人気ブログランキングへ
 
    ↑  こちらのOneクリックご協力お願いします!
  
【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
   ※お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です