家づくり進行中

加古郡H様邸

HARIMA Campfield

2022年4月完成予定

(現場監督 草地)

加古郡の木の家 メインパース

20代のご夫婦が建てるヤマヒロの家。 さまざまな使い方ができる畳コーナーやコンパクトにまとまった水周り動線、子育て世代が暮らしやすい間取りになりました。 家族で家キャンプも楽しめるウッドデッキや広い庭、趣味部屋など、見どころ満載。 これからにぎやかな暮らしが始まります。

家族構成/20代ご夫婦(2人家族)

延床面積/104.34㎡(31.56坪)

施工床面積/113.44㎡(34.32坪)

2021年7月 家づくりスタート

①プランナーによる現地調査

加古郡の木の家 計画地

(設計)築山
 「うなぎの寝床」、これが敷地に立った時の第一印象でした。間口はそれ程極端に狭いわけではないものの、とにかく南北に長く、やはり、うなぎの寝床と呼ぶに相応しい形をしている。計画地は元々2区画の分譲地で、道路側が短冊形の敷地になっていて、そこにぴったりとはまる形で旗竿型の敷地がくっついていた。それがたまたま、旗竿型敷地側の地主が短冊型敷地を所有していて、今回両方あわせて1区画として売りに出されていたというのが今回の敷地の経緯だ。両隣も同じような区割りの分譲地なので、計画地の東西両方とも前と後ろに2棟づつ家が建っている。やはり、込み合っている印象を受けました。暗いという程ではないもののあまり東西側には開かずに、余裕のある南側に大きく庭を取る配置がよさそうだな、と構想を練りつつ敷地を後にしました。

②暮らしインタビュー

プラン担当・築山との暮らしインタビュー。お客様の、今の暮らしや新しいお家での生活の事、希望。たくさんお話を聞かせていただきプランを考えます。

③プランプレゼン

プランプレゼンが行われました。暮らしインタビューをもとに“HARIMA Campfield”始まります!

④TOTOショールーム

姫路TOTOショールームにて住宅設備の打ち合わせ中。

⑤社内図面打ち合わせ

加古郡の木の家 社内図面打ち合わせ

プラン担当・設計担当・現場監督が集まり、社内図面打ち合わせが行われています。

⑥図面打ち合わせ

設計担当・渡部と現場監督・草地との図面打ち合わせ。
色見本を見ながら詳細を決めていきます。草地からは工程の説明。もうすぐ着工です!

資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ