ブログ

加古川市・O様「愛犬と暮らす、変化を楽しめる家」お客様インタビュー

Q.新築を考えたきっかけは?

ご主人前の家がとりあえず僕が生まれてから建っていて、もう42年ほど経ってたので。
その間にリフォームしたんですけど、外の壁がひび割れとか、地盤も緩かったので、トラックが通ると家が揺れるっていう(笑)。

奥さま震度1、2ぐらいが一日に何度もあるなって感じで。

ご主人「夏は暑くて冬は寒い」っていう、断熱はもう効いていなかったので。
やっぱりもう建物自体が古い建物だったので、形とかも。「建てるんだったら今かな」という感じでした。

Q.ヤマヒロを知ったきっかけは?

奥さま私の友達がヤマヒロさんで家を建てていて、いつもヤマヒロさんの広報課の志水さんとか北岡さん(営業)とかいろんなスタッフの方のお話を聞いていて、家を建てるんだったらヤマヒロさんがいいかなぁって候補にあがっていました。

Q.ヤマヒロを見た印象は?

ご主人木をたくさん使っていて、昔の建て方だけど全然古臭さを感じないっていう、個性的というか。
天井とかもぱっと見は低いんですけど、実際入ってみると全然圧迫感を感じないっていう。
もう一言で言うとすごいなって(笑)。簡単に言ったら「あっ、こんな家が欲しい」って(笑)。

奥さま(ヤマヒロの家を)見た時に開放感があって、なんか「ずっとこの木の空間にいたいな」と思いました。

Q.ヤマヒロに決めた理由は?

奥さま自然素材が良かったかな。

ご主人うん、自然素材で・・・。

奥さまクロスとかも使いたくなかったし、断熱材もセルロースファイバーで紙を使っているっていうのも、知らなかったので、知った時にすごく感動しました。
やっぱり、木に囲まれた家に住みたかったから。

Q.こだわったところは?

ご主人仕事でパソコンを使ったりするので、そこの書斎みたいな、家事デスクみたいなのが一番欲しいなって。
本当ちょっと希望を言ったら、そこだけ一画、1坪でもいいから遮断されたようなのが一番良かったんですけど、でも今の、周りのガヤガヤが聞こえるのはそれはそれで良かったかなっていう・・・。

奥さま私は家事の動線。
洗濯物を、前の家の時は家の端から端まで運んで、ってすごく不便だったんですけど、今はすごく距離も短いですし、洗濯物を取り入れてすぐにそれを一旦掛けるスペースが出来て、すごく時短になったなって思ってます。
前はそんなのがないから、全部(洗濯物を)ハンガーから(カゴに)とって、畳まないとダメだけどそのカゴは次干す洗濯物があるから(笑)、取り入れた洗濯物を一旦畳のところに置いて、いつかは畳まないとダメだけど、日々の生活に追われて畳めないものがどんどん山盛りになって(笑)。
それをかき分けて服を探す日々が続いていたんですけど、今はもうそれがなくてすごく快適です。

ご主人早いですね、うん。
子どもたちは、自分の部屋が欲しいぐらいでしたね。

奥さま自分のスペースかな。
近すぎてよくケンカしてたんですけど、ちょっとこう、思いやりスペースというか。
距離はちゃんと分かるんですけど、(お互いを)感じられるけれども少しずつ距離があって、なんかこう・・・。

ご主人程よい距離というような。

奥さまそうそうそう、会話はできるけど・・・。

ご主人近すぎない、遠すぎないっていう。

奥さま木柵のことも、「犬がいるんです」というのも言って、(敷地の外に犬が)出られないように。
だからもう、玄関以外かな?玄関開けてしまうと出てしまうけれど、あとはもう開放的に、ウッドデッキにも、開けたらずっと(犬が)いるし。

ご主人僕がいないときに出してるみたい。

奥さまずっとね、四六時中(笑)。
だから(犬は)ノーリードで家の中でずっといます。めっちゃ喜んでます。
犬の爪が食い込むからか傷はつくんですが、たぶん大きい犬を飼っていたら床に傷がつくっていうのは最初から覚悟の上だと思うので。
ただ、滑らないのか、走り回ってもこけてるのを見たことがないんです。

Q.スタッフの印象は?

奥さまもうね、西澤さん(営業)は若いのに頼り甲斐があるというか。
私、家が建つまで「ほんまに建つんやろか」ってよく言ってたんですけど、西澤さんがいつも「大丈夫ですよ」って言ってくれるんです。

ご主人こっちが打ち合わせしてるんですけど、気づいたところを「こうですよね!」って言ってくれるので、結構気づいてくれる人だなって。

奥さま玉中さん(設計)は、1言ったら100答えてくれるんですよ~(笑)。

ご主人玉ちゃんは物静かですけど、頼り甲斐があるというか。
本当にポロっと「これ、こうかな?」って言ったのを、中村さん(プランナー)も一緒なんですけど、玉ちゃんも同じように黙~って。で、後でこそっと「これどうですか?」って言ってくれる(笑)。

奥さまそうそうそう。(玉ちゃんのこと)可愛がってあげてください(笑)。もうなんか、玉ちゃん私好きなんです。

ご主人素朴な感じでいいなぁと思って(笑)。

Q.ヤマヒロで建ててよかったことは?

奥さま子どもたちも、これだけ木を使っているし、前よりも友達がよく来るようになったかなって。
今はコロナ禍なので「家の中じゃなくてウッドデッキでちょっと遊んでくれる?」って言うんですけど、窓は閉めているんですけど開け放てるから子どもたちの様子もわかるし、そういうところではやっぱり本当に良かったなと思います。
木だから、ヒビが入っていったりとか、そういう変化を楽しめるなぁって思います。
「なんかいい味でてきたなぁ」って思いながら楽しんでます。

ご主人「わぁ、割れてる!」ではなくて「ええ味やなぁ!」っていう。

奥さまそうそうそう(笑)。「ここも割れてきたで~」みたいな。

ご主人あとやっぱりアフターが嬉しいですね。

奥さまあっ、そう、しっかり!

ご主人なんか聞いてたら、建てたら建ちっぱなしで後何もみてくれないとか、すぐ「これはこれだけ(金額が)かかります」とかではなくて、建った後も色々考えてくれていて、そこからの付き合いが大事って言ってくれるので、それが一番うれしいですね。

奥さま藤井さん(大工)がすごい色々教えてくれて、こういうところに埃が溜まるから、ティッシュとかで「ほら」って教えてくれて、「いやぁ~ほんまやぁ!」みたいな。
「ここもね~(パコッ)」みたいな感じで(笑)、すごく丁寧だなって思って。

Q.これからどんな風に過ごしたいですか?

ご主人どんな風にかな・・・。

奥さませかせかしないで穏やかに過ごしたいな。

ご主人うん、ゆったりと過ごしていきたいかな。

奥さま子どもたちが独立しても、安心して帰ってこれる実家にしたいなって思います。

このお家の写真集を見る >>

その他のお客様インタビュー

  • 赤穂郡・Y様「土間と薪ストーブがある平屋」

    赤穂郡・Y様「土間と薪ストーブがある平屋」

    お客様インタビュー

  • 加古川市・N様「チームで造った家」

    加古川市・N様「チームで造った家」

    加古川市

  • 加古川市・Y様「念願だった薪ストーブとお家キャンプ」

    加古川市・Y様「念願だった薪ストーブとお家キャンプ」

    加古川市

おすすめ事例

資料請求 モデルハウス見学予約

モデルハウス
予約

TEL

資料請求

お問い合わせ