ブログ

友人Hは何にこだわって家を建てたか その4

リフォーム部の松本です。

前回に引き続き、施主の友人としての立場からみたHANARE44について書きたいと思います。


様々な建築会社の話を聞きに行き、
営業さんと話をしながら、
友人Hはどんどん業者候補を絞っていきました。


そして、友人Hは最終的に建設会社をヤマヒロに決めました。


決め手は、
「安全性(構造)と良い間取り(希望を叶えつつ、理にかなった動線)が両立できる設計力」
だったそうです。




友人Hはいろんな業者のプランを見ていく中で目が肥えていき、
最終的には平面図を見るだけで水廻り、
収納などのダメだしをするまでになっていました。




そんな進化を遂げた友人Hは、
ヤマヒロは設計力が他社と違うと感じ、
選んでくれたようです。




特に友人Hの場合はこだわりの離れ、そして愛車の配置など、
限られた敷地で難しい設計が要求されていたので、
外構も含めて提案できるヤマヒロとは相性が良かったと思います。




こだわっていた予算は、
最初のローコスト住宅を検討していた時よりは多くなりましたが、
ヤマヒロのプラン後の打ち合わせの中で金額が下がっていき、
最終的には希望の予算に落ち着いたとのことでした。





私はヤマヒロについての説明を営業に任せていたので、
ほとんど何も関与しておらず、
時々進捗の連絡をもらうぐらいでした。


打合せ時に顔をだして、
お子さんと少し遊んだり、
地鎮祭に顔を出したり、
施工中の現場に顔を出したりしたぐらいです。


正直、もうちょっと関われたら、
私自身の勉強にもなったな・・・
と後悔しています。


なので、先日の、友人としてのお宅訪問第1号はとても楽しみでした。



次回に続きます。

リフォーム部 松本

松本 雄大

松本 雄大

リフォーム事業部 リフォーム二課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ