//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得
ブログ

落語はAIに負けない

大阪日日新聞に、桂文珍さんの記事がありました。その内容が面白かったので紹介します。

文珍さんは、リアルな講座にこだわる落語家さんなんだとか。テレビ番組の司会の方が何倍も収入が良くなるけども、やはり、同じ空間で、お客さんの息遣いのわかる中で、落語をやり続けたいそう。デジタルでは伝わらない何かがあるのでしょうね。

建築でもそう。一見、無駄に見えるものが、実は暮らしにゆとりを作ってくれます。

●値段のことだけ言えば、軒の出なんて要りません。もちろん、外壁に、雨を直接当てないことで、耐久性を向上させる意味合いや、直射日光を防ぐ意味もあるのですが、窓の鴨居にかかるくらいに張り出した軒は、影を作ってくれて、暮らしに休息の時間を与えます。

●庭の植栽なんて、落ち葉や草引き、水遣りなどの作業が大変なばかりだから、一切いらない。と言われることもありますが、緑の庭を通り抜け、窓の内障子に当たる木漏れ日は、刻々と変わる絵画のように、安らぎと躍動感を与えてくれます。

●窓ガラスと網戸だけでいいよと言われても、その外に虫除け網付きの格子の建具があると、爽やかな風と柔らかい光を呼び込んでくれるのです。

●お風呂で重要なのは、大きな窓と、その外にある目隠し塀で隠された小さな庭。風呂の照明は消し、庭の照明の緑の光線の薄暗がりの中でゆっくりと入る湯船、そして壁と天井の檜板の匂いに、1日の疲れが思いっきり癒やされる。

文珍さんの言うように、建築も同じ。フィルター枠からはみ出している、一見無駄なもの、遊びの部分こそが面白い。暮らしには、効率の良さや便利さも必要ですが、あえて、そうでないものを作ると、思わぬゆとりが得られるもの。人間が暮らしていくには、豊さもいりますが、実は、ゆとりが重要。ゆとりとは、物事に余裕があって窮屈でないこと。あくせくしないこと。

これからの世の中は、チャットGPTのようなAIが主役の時代になるのかもしれませんが、だからこそ、住宅や娯楽だけは、ゆとりを作り出す仕掛けをして、人間らしい心や暮らしをつくりたい。そう願う今日この頃です。

おすすめ事例

資料請求 モデルハウス見学予約

モデルハウス
予約

TEL

資料請求

お問い合わせ