ブログ

うだつが上がらない

リノベーション事業部の谷口です。

『うだつ』って聞いた事ありますか?

私は、この『うだつ』の意味を少し勘違いして覚えていました。

よく商家などについていましたが、隣り合って連続して建てられる事が多かっ

時代に隣家からの火災時の延焼を防ぐための『壁』の事を言うのだと思ってい

ました。

この家につけられた壁も確かに『うだつ』ではありますが、どちらかと言うと

延焼の防止よりも装飾的な意味合いが多いのでは無いでしょうか?

本来、『うだつ』は、屋根に飛び出して、隣家からの延焼を防いだものの総称

を言うらしいです。(知らなかったです・・・)

関西では、あまり屋根に飛び出した『うだつ』を見かけないと思うのですが、

見られたことはありますか?

昔から出世出来ないとか、財力が乏しいだとかに例えられて、言われたのが

「うだつが上がらない」ですよね。

これは、まさしく屋根の上に『うだつ』を取付ようとするならば、棟木(屋根の

一番上の木材)を押えて取り付くことになります。

なので、頭が上がらない(出世できない・・・)と言われる説があります。

もちろん、『うだつ』を取付けるにも、それなりの費用が掛かりますし、装飾

は、富の象徴となっていた為に、取付が出来ないような事だと、言われるのが

「うだつが上がらないねぇ」なのでしょう。

家のファサード(一番よく見える所)は、カッコ良く、家の装飾もしっかりと

して、『うだつ』のあがる男に成りたいものです。

谷口 充

谷口 充

常務取締役 営業設計二課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ