ブログ

たった3帖で変わる子育て

設計の中村です。

私事ですが

子供がまだ小さい頃、

家に帰るたびに、

おもちゃがそこら中に散らかっていて

_________________

「片づけしなさい!」と毎日言ったり

「痛っ!」とおもちゃを踏んだりと
_________________


せっかく帰った家でも

くつろぐどころか

イライラしていたことが

たくさんありました。

そんな悩みをお持ちの方も

多いのではないでしょうか?

そんな時

とても便利だなぁと思うのが

_________________

『3帖の小下がり畳スペース』

_________________

たった3帖でもいいので

こんな居場所がリビングとのつながりにあると

色々なストレスから解消されます。

_________________

おもちゃの散乱をふせぐ。

視線が上下方向にも抜け、広く感じる。

ひとつながりの部屋でありながら、籠った感じになり、落ち着く。

段差を利用して、腰掛けやすくなる。

腰壁などで区切ると、部屋がさらに広く感じる。

お昼寝スペースにちょうどいい。

おむつを替える場所にも最適。

ママ友が集まっても、子供が遊ぶ場所が明確で安心して愉しめる。

ちょっとごろんと横になるのに、ちょうどいい。

・・・

_________________

ちょっとしたことですが

家でお困りのあるある問題を

たった3帖で解決することができるかもしれません。

ただただリビングなどを大きくしたり、

プレイルームとして、別の部屋をつくったりも

1つの解決方法かもしれませんが、

無駄な費用をかけずに出来る可能性もあります。

また窓の位置、庭、素材、腰壁や12cmの段差など

細かいディテールの集合体で

この気持ち良さを実現しています。

ぜひ一度

ご体験されてはいかがでしょうか?

前回の『たった2帖の雨宿り』に続き

『たった○帖』シリーズ化なるか!?

お楽しみに笑

営業・設計課 中村将之

資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ