ブログ

1%の努力


営業の本種です。


今日は1%の努力という本を紹介します。


この本は最近話題沸騰中のあの人、論破王ことひろゆきさんが著書された本になります。

そもそも1%の努力の1%とは何ぞやということになりますよね。


たった1%だけでなにができるんやと思う人も多いと思います。


今日はこの部分について深堀していこうかと思います。


まずこの1%とは、結論から言うと、発明家エジソンの言葉「99%の努力、1%のひらめき」というところからきてると思われます。

この言葉はかなり誤解を生む部分で、本当は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」ということをいった現実的な言葉であるのにもかかわらず、「努力すれば道が開ける」という表現で決まっています。

具体的な例でいうと、「光る玉のようなものを作ろう」そういう考えが先にあったとき、竹や金属などの材料で実験したり、試行錯誤したり努力が大事になってきますが、これはただひらめきもないまま、無駄な努力を積み重ねていっても意味はないということです。


たとえば東大生の親の6割の年収は950万以上であり、親の年収が450万円未満の東大生は1割しかいないデータがある。このように教育環境や塾の費用など、お金持ちの家に生まれたかどうかが学歴に大きく響き、このように環境によっても影響されてしまいますし、さらに「遺伝」も学業の成績では60%ぐらいが影響するといわれています。なので努力をすることで結果が変化することも事実だけど、人生のスタート地点の違いで圧倒的差があるときに、努力して埋めようとするのは難しいということです。


なのでこの考え方をもっていれば、ある意味自分をコントロールできますし、のちのちの人生にも役立つと思います。


まだまだ続きはあるのですが、とても長くなるので今回は割愛します。


ひろゆきさんはある意味常識外れな人で、特に睡眠に関しては自分が眠ければ、無理に仕事をせず寝たり、常識外れなんですけど、そこに自分の指標が持てたり、改めていろんな常識を疑うことは大事なんだなと思いました。



なかなか内容も面白くてぶっ飛んでるので、そういう本にご興味ある方は読んでみるのもいいと思います。







                                   営業設計1課 本種

本種 恭典

本種 恭典

住宅事業部 営業設計一課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ