ブログ

OMソーラーのハンドリングボックス(本体)の修理

テクニカルサポートの西谷です。

今回は弊社の採用しているOMソーラーの修理について書きます。

弊社が「OMソーラー」を採用するようになり30年くらいになるでしょうか?

全棟ではありませんが年間数棟採用いただいてます、

その機種もマイナーチェンジを繰り返しながら愛用いただいてるお宅も多々あります。

機械ものなのでやはり、部品の故障もありメンテナンスが必要になります。

よくある故障第一位は

「ダンパーモーターの不動」

です。

先日も弊社姫路事務所のダンパーモーターが壊れ「ダンっ、ダンっ、ダンっ」と大きな音がしだして

SOSが来て、交換しました。

その後、報告は無いので直ってると思ってるんですが・・・。

OMソーラーの仕組み(一部)

おもに冬場、天気のいい日に太陽光を取り入れて室内暖房をします。

室内の温度を一定にするために室内循環をする。

室内の空気を排気する。

その他、お湯取り・補助暖房機能などオプションもありますが快適にすごしていただくための装置です。

機械は

こんな感じで四角い枠がモーターです。

こんなものです。

仕組みが気になり、壊れてるのを分解してみました。

基盤・モーターです。

ギアがいっぱいです。

ここが軸に繋がり蓋が開閉します。

ここにモーターギアが当たり、他のギアを回します。

こんなに歯車が要るんですね・・・力の負担軽減の為ですね。

いろいろとギアを回してみましたが回らなかったのは・・・

これでした。

愛用されてる方で不具合を感じられてる方、ご連絡ください。

安価な物ではないですが、長くご愛用いただけるよう提案できたらと思います。

他社様の建築されたお家でもお気軽にどうぞ。

テクニカルサポート・西谷 由夫

西谷 由夫

西谷 由夫

住宅事業部 次長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ