//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得
ブログ

犬用ペットカートって必要? でも買っちゃいました!!

住宅事業部の柴犬命の北岡です。今回は、悩んだ末に犬用のペットカートを買っちゃいました。

昨今は人間とワンちゃんとの生活を、より快適に安全に送るためのアイテムが、いっぱい販売されています。

小春(ウチの柴犬の名前)が喜ぶかなと思い、購入して失敗したものが、今まで多数あります。

①小春を背中に背負うリュックサック(小春の抵抗がありリュックに入ってもらえず、お蔵入り)

②ベランダで自宅キャンプ用ワンタッチ式テント(一緒にテントの中に入ってもらえず、お蔵入り)

③ハンモックで小春とお昼寝用ハンモック(ハンモックに乗ってくれず、お蔵入り)

こんな状況で、またまた飽きずに購入してしまいました。なんで購入したかの理由があります。

  

最近の散歩中、日中の日差しで灼熱のアスファルト表面温度。肉球が火傷をしてしまいました。

可哀そうなことになってしまいました。

対策として、ひとまず「朝早い散歩」と「日が暮れる寸前の散歩」に切り替え、対処しました。

でも日中にどうしても散歩させたりする時(遠方に旅行など)もあり、熟慮の上、買っちゃいました!!

    

  

なんと小春が、喜んで乗ってくれました!!

  

ペットカートにおいては、「犬は歩かせるべき」との意見を持つ方も居られますが、購入前にいろいろと調べてみると様々なメリットを知りました。

  

メリット① 愛犬のお出掛けの幅が広がる。

      最近の公共施設やショッピング、外食等ではキャリーバックやペットカートの利用が

      ルール化されている所が増えました。買主の移動の負担も軽減されますね。

  

メリット② シニア犬や闘病中の愛犬や子犬でもお出掛けができる。

     人間同様、犬も歳をとりシニア期に入り、長時間のの散歩や外出が難しくなってくる。

     結構、先の話ですが長い目で見ると必要になりますね。

  

メリット③ 異常気象で普通の犬の散歩だと、愛犬の肉球が火傷をしてしまう。

     これが今回の一番の理由です。なぜか小春は靴下を絶対拒否。選択肢がカートしかなかった

     のですね。

  

いろいろと理由が多数ありますが、ペットカートを喜んで乗ってくれる小春を想像して買ったのが本音ですね。親バカです。

  

「なんて快適なんだ!!」という感じです。

  

播磨一円(姫路市・加古川市・たつの市中心)に

注文住宅をお届けする工務店「ヤマヒロ」

住宅事業部第二課 営業設計 北岡大実

  

_____________________

姫路市・加古川市・たつの市を中心に

兵庫県播磨地域で注文住宅を建てたい方

新築・リノベ・リフォームをご検討の方必見!

_____________________

  

!!!2棟同時見学!!!

\ヤマヒロ式提案住宅を体感・体験/


!!!3つのモデルハウス!!!

\兵庫県播磨地域に合った住まいをご提案/

北岡 大実

北岡 大実

住宅事業部 営業設計二課

資格:一級建築士、建築施工管理技士1級、宅地建物取引士、 三級ファイナンシャル・プランニング技能士

スタッフ紹介>

おすすめ事例

資料請求 モデルハウス

モデルハウス

TEL

資料請求

お問い合わせ