ブログ

道具について

皆さんこんにちは社員大工の川崎です。今回は、差し金(サシガネ)について書いていこうと思います。

差し金は、ステンレスなどの金属製で目盛が付いていて、木材などの長さや直角を測ったり勾配を出したりするのに使われます。

L字型をしていて、両方の辺(長手、短手)に目盛があります。また裏面にも目盛があります。

裏面には、丸目と角目と言う目盛があります。角目で丸材を測ると、その丸材から取れる最大の角材の寸法を求めることができます。

丸目で丸材の直径を測ると、その丸材の円周を求めることができます。

むかしのだいくさんは、差し金一つで様々な寸法を出して家を建てていたので改めてすごいなとおもいました。

社員大工 川崎迅

川崎 迅

川崎 迅

新築事業部 工務課 大工見習い

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ