ブログ

基礎と土台

皆さん初めまして。主に新築を担当させていただいている、藤井建築の藤井隼人です。


今日から高砂市のH様邸の大工工事を担当します。

基礎が完成して、現場での木工事の最初である土台据えが始まりました。まずは墨出しから。



土台が据わる位置を基礎に墨を打って印をします。


次に基礎の上に土台を据える位置を確認し、基礎から出ているアンカーボルトの位置を出します。


そして穴を開けます。


基礎と土台の間に気密性のある基礎パッキンを隙間の内容に置いていきます。


土台や大引(おおびき)を据えていきます。




そして鋼製束で大引の水平を見て今日の作業は完了です。



基礎や土台。
建築以外でもよく耳にする言葉ですが、物を支えるすごく大切な部分です。
大切な部分だからこそ、今回もしっかりとした施工をさせていただきました。



建築の技術も日々進化しており、お客様に「いい家」を提供できるように頑張っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

大工 藤井隼人

資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ