ブログ

杉フローリング再生

新築部テクニカルサポート:西谷です。

今回は床についてです。弊社では標準施工として「杉のフローリング」を施工しております。

理由は・・・「やわらかく踏み心地がいい」「冬でもピヤっとした冷たさがない」などです。

ただ、デメリットとして「キズが付きやすい」があります。

・・

特にお引渡し時は、日焼けもしておらず真っ白な状態なんで更にキズは目立つ事があります。

よくお伝えするのが「奥さん、先にものをあえて落としてキズを付けてください、その行為が家族みんなが呪縛から解かれる方法です」と(笑

・・・

ご主人やお子さんが先にやっちゃうと奥様は「誰~キズが出来てるやん(怒」と責任追及が始まります。

ですので、奥様が率先して行動していただくようお伝えしております(笑

・・・・

誰しも、キズが付くと嫌な気になると思います。私も愛車がキズ付いたら・・・・・

考えただけでも倒れそうです(汗

・・・・・

キズもそのうち気にならなくなり、その状態でもきれいに保つようお手入れしてくださったらうれしいですね。「経年美」と言う言葉がありますが、まさしくこの言葉がピッタリなお家です。

・・・・・・

前置き長くなりました(汗

さて、今回は表題の「杉フローリング再生」についてです。

これは、あるお宅の失敗談をなんとか復旧させてもらったお話です。

・・・・・・・

新築ではないのですが床貼り7年目のお家です。お手入れをされる際に床用の液体洗剤で汚れ落としをされたそうできれいに落ちず、生活がスリッパ履きが主流だったそうでその液体が落ち切らずスリッパで飛散拡大してしまって来客があっても見せずらい状況でした。

そんな時に縁あって訪問作業してると話があり提案して取り組んでみました。

・・・・・・・・

正直、ここまでの内容を施工した経験はなかったのですが

「今より悪くならない」と判断し施工させてもらいました。

文章長くてすみませんm(__)m

・・・・・・・・・

では、ビフォアー

こんな症状でした。

方法は削ります、なんせ削ります。

無垢板でしか出来ない方法です。

こうなってしまうと後には引けません(汗

がんばって削ります・・・。

で、削りきった結果

ヤラせちゃいますよ、ちゃんと実際の写真です。

私も実は出来栄えにビビったりしてたのはヒミツです(汗

これに「蜜ロウワックス」を塗ります。

・・・・・・・・・

蜜ロウワックスも弊社標準施工で塗ったフローリングを貼ってます。

無害なでなめても大丈夫です。

このワックスは全面掛ける必要もなく光の加減で光沢が無くなってるとこだけ塗っても大丈夫な代物です。

お手軽施工です。

・・・・・・・・・・

塗った後

分かりやすい塗る前・塗った後は

あと

色つやが出ます。

気になる方、ご相談ください。

西谷 由夫

西谷 由夫

新築事業部 次長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ