ブログ

蕎麦を食べに出石まで…

総務の小林です。
今日も私の徒然ブログにお付き合い頂き有難うございます。
今回、家族でお盆休みを利用して出石まで蕎麦を食べに行ってきました。
ただ、まん延防止期間中というのもあり、さすがに県外には行けないので近場で、かつ込み合う時間をずらしてと、どこに行くにも結構、気を使います。

数ある出石の蕎麦屋さんの中でどこに行こうか?と、子供たちもあれこれ調べてくれ、結局は10年ほど前に子供たちが蕎麦打ち体験をした「そば藤」さんというお店に決め、そこを目指します。
しかし、お店はあるのですがコロナの影響なのか?休業中の看板が…

仕方なく公営駐車場に車を止め、探すことに。
ただ、あれこれ歩き回るのも疲れるので、駐車場からすぐ、出石のシンボル「辰鼓楼」の時計台のすぐ横にある「湖月堂」さんに決定。

メニューには汁蕎麦もあったのですが、やはり出石といえば皿蕎麦といことで家族全員同じメニューを注文。
1人前は5皿で850円。
大人にはこれ位で十分なのですが、子供たちはさずがに足らなかったようで、さらに5皿ずつ追加(追加は1皿130円)。
うれしいのは薬味に「ねぎ」「わさび」の他に「温泉たまご」と「長いも」が付いてきたこと。
どちらもお蕎麦と一緒に美味しく頂きました!

コロナが無ければ城崎まで足を延ばして、温泉にでも入ってゆっくりしたいところなんですが…
ここはもう暫く我慢して、食事の後は出石の街を少し散策して帰路に着きました。

総務部 小林孝弘

資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ