ブログ

初夏の風物詩 その後

こんにちは、設計の玉中です。

以前【初夏の風物詩】のタイトルでツバメの到来を書きましたが、
その後無事2回目の子育ても終わって飛び去って行きました。

そんなツバメの子育ての1場面をお届けします。







1回目に子育てをしていたツバメたちがいなくなってから約1ヶ月。
同じ個体なのか新しい夫婦なのかはわかりませんが、
前回と同じ巣をそのまま使うツバメが見られるようになりました。

最初は同じ巣ではなく、少し奥にある古い巣の跡のところに
枝を運んで来ているのを見かけたのですが、
結局楽な方に落ち着いたのでしょうか?笑





そしてヒナが孵って成長し、巣から零れ落ちそうなくらい
大きくなってきたと思っていた頃のこと、
ヒナたちが飛ぶ練習を始めていました。



写真だとなかなか収めるのが難しいので動画からの切り抜きです。
飛んでいるのが少なくとも3羽いて、巣の中のヒナの数が減っていたので
おそらく巣立ちに向けて練習していたのだろうと思います。



















と思っていたらこの動画撮影日の翌日、
巣はもぬけの殻となっていました。


「練習」だったのではなく、そのまま飛び立ってしまったのかもしれません。



また来年も見られるのか、期待して待っています。

実施積算課 玉中健太

玉中 健太

玉中 健太

住宅事業部 実施積算課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ