ブログ

ふるさと納税に初挑戦

新しいバンダナで「あけましておめでとう!!」

新築とリノベ営業の北岡です。新年明けましておめでとうございます。

本年も時勢に合った楽しい話題が提供できればと頑張ります。

さて、今回は昨年末に急いで手続した「ふるさと納税」のお話です。

「ふるさと納税」は、2015年の税制改正で、寄付に対して戻ってくるお金(控除)上限額が約2倍に引き上げられたり、「ワンストップ特例」により確定申告が不要になるなど、ますます便利になってきたことは知っていました。

仕事柄、お客様には税金の話なども、頻繁にするけれど、自分のことになると税金は、面倒くさいと思ってました。

ところが社会人の息子二人に、お得情報の好きなお父さんが、ふるさと納税をしていないのは何事か!!と避難の嵐。やけくそになって、2021年の年末に「ふるさと納税」の返礼品をゲットすると約束してしまいました。

そこでの経験談です。

簡単に図解するとこんな感じ。サラリーマンならやらないと損。

税制を活用してふるさとへ貢献する仕組みがコレ!!

ふるさと納税は、実質的に2000円の寄付で、地方のお肉やお米などのお礼の品を受け取ることができるんです。

例えば、50000円の寄付をした場合、最大48000円が所得税から引かれる金額分は「還付」として、当該年に自分の口座に振り込まれる形で戻ってきます。また、住民税から引かれる金額分は「控除」として、翌年度の住民税から差し引かれます。簡単に言えば、支払った金額は2000円分だけ引かれて戻ってきて、大量の返礼品が貰えるという美味しい制度です。だから息子らから利用していないのは勿体ないと言われたわけですね。

福井県に納税しました。カニの返礼品です。豪勢ですね。
2021年の年末には腹の中ですね。

高知県の芋けんぴです。最高級品で絶品でした。

他にも熊本の絶品小粒みかんや、自分の故郷の伊勢志摩の干物などを頼んじゃいました。

年末年始は豪勢な食事になりそうです。その時の食事中を、次回にお伝えいたします。

住宅事業部第2課   北岡大実

北岡 大実

北岡 大実

住宅事業部 営業設計二課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ