ブログ

風のデザイン

設計の中村です。

家づくりにおいて

『風』をどうデザインするか

非常に大事だったりします。

先日

今日の1冊

でご紹介した

『風と建築』にも

あるように

暮らしの中で

『風』は

重要な要素の1つなのです。

『風』という言葉1つとっても

検索すると

色々な種類があります。

台風・そよ風・隙間風・北風・からっ風

嵐・潮風・つむじ風・突風・季節風

・・・

そんな風を

どうデザインするかが

非常に重要で

建築的なことから

身近なちょっとした工夫で

風をデザインすることが

出来ます。

__________________

明珍火鉢

__________________

とても素敵な音色の

風鈴のご紹介です。

明珍火箸(みょうちんひばし)とは

播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)において

19世紀頃

姫路市藩主である

酒井家

などに仕えていた

明珍家が

その技術を活かして

作り始めた火箸。

兵庫県指定伝統工芸品に

指定されています。

火箸の型は

20種類ほどあるみたいで

その中でも

代表的なのが

ツクシ型

ツヅミ型

ワラビ型

カワクギ型

の4種類だそうです。


火箸の需要が落ちた

現在では

これを利用した

風鈴が作られています。

姫路市のゆかりのあるもので

風を音で感じてみませんか?

営業・設計課 中村将之

中村 将之

中村 将之

新築事業部 営業・設計課 課長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ