ブログ

【コンクリート】と美術館

こんにちは!営業・設計課の村上です。
今日は、めずらしく【コンクリート】の建物について書いてみたいと思います。

最近お客様とコンクリートの家についてお話することがありました。
コンクリートの建物と木造の建物を比較したとき、どちらが良いですか?と聞かれたら…

最近ずっとその答えを考え中です。

実は私はコンクリートの建物も好きなのですよ。

この写真は兵庫県西宮市にある大手前アートセンター内のD1という部屋です。←私のお気に入り
設計は有名建築家の安藤忠雄さんでコンクリートの建物です。

大手前大学のアート施設なので、卒業制作展など一部のイベント時しか開放されることが無く、内部を体感できるのは年に数回しかありません。

この部屋の魅力はコンクリートの無機質さ故に、空間が作品へ与える影響が少なく、作品に集中できるところです。

美術用語で「ホワイトキューブ」という言葉があります。
何もない真っ白な空間こそが現代におけるアート鑑賞に最も適した空間と提唱されているのです。


実は1900年代以前のヨーロッパやアメリカの展示方法は、壁いっぱい、天井ぎりぎりまで作品を展示していました。
展示会は富裕層のコレクターが自分の財力を見せ付ける恰好の場だったのですね。ちょっとした雑学でした(^-^)


ですからアートをじっくり鑑賞するための空間であれば、コンクリートの建物はぴったりではないかと思います。

それでは住居としては、どうでしょうか?
つづく。

本日のおすすめスポット

大手前アートセンター
西宮市御茶家所町6-42
開館時間10:00~17:00 ※展覧会期中のみ
https://www.otemae.ac.jp/institution/education/art.html


新築事業部 営業・設計課 村上裕康

村上 裕康

村上 裕康

住宅事業部 営業設計一課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ