ブログ

内装壁(ビーナスコート)補修

テクニカルサポートの西谷です。

今回のご依頼は壁に配管を入れるために空けた穴をふさいで欲しいとの依頼でした。

壁はプラスターボード(石膏ボード)にビーナスコート(塗り壁)の刷毛引きでした。

現状はこんな感じでした。

アップ

これを分からなくします。

プラスターボードを穴の中に挟み込んで固定します。

ファイバーテープでつなぎ目の凹凸を消す下地をします。

次にパテを塗ります。これで凹凸を無くしていきます。

パテを塗り終えたら乾燥待ちですが、ドライヤーを使って時間短縮します。

乾いた状態です、色の差は分かりにくくなりました。

刷毛引き仕上げなんで刷毛の段差を少なくするのにサンドペーパーで削ります。

ビーナスコートを塗ります。ローラーで塗料を付けて刷毛で引いていきます。

完成です。

木部の中を塗りましたので補修跡は分かりません。

経年による色の差がほんの少し出てます。が、ほぼ分かりません。

壁汚れ・キズなど気になる方はご相談ください。

塗り替えだけでなくタッチアップや汚れ落としなどアドバイスもさせていただきます。

ちなみに今回の私の仕事はプラスターボードを埋める役目でした。

テクニカルサポート:西谷 由夫

西谷 由夫

西谷 由夫

住宅事業部 次長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ