ブログ

資材高騰で家づくりどうなる?⑧

設計の中村です。

これから

どうあるべきについては

これまでの

【資材高騰で家づくりどうなる?】

の記事をみてみてください。


【資材高騰で家づくりどうなる?】は、こちら。

本日は

良い設計を行う上で

やはり重要になってくるのが

設計の順序になります。

皆様は

間取りを考える時

どこから考えるでしょうか?

一階?

それとも二階?


良い間取りをつくるためには

『車と庭』

から考えます。

こうすることで

日当たりや風の抜け

外観

室内からの視線の抜け

周辺環境との関係

使い勝手

・・・

これら全てが

ほぼほぼ決まるといっても

過言ではないです。

こうしないと

例えば

せっかくの大開口から

いつも駐車場が見え

排気ガスも入り放題

(車が好きな方は別ですが・・・)

南側に十分な空きがないため

太陽の光が入らない家になったりします。


また

車が出入りしづらい家になったります。

角地の土地の場合

交差点部分に駐車場を

とってしまったら

車の出入りの際

事故にもつながる

危険性が増します。

これは

建築家の秋山東一氏に

教えて頂いた順序の1つで

『車と庭』から考える

この方法が

一番いいと思っています。

このように

道路がある所には、車を

南側に十分な空き=庭を

まず初めに計画しておき

その後

残ったところで

建物を考えていくと

敷地を無駄なく使うことができ

無駄に大きくて

いびつな家を建てることがなくなり

良い設計

=これからのあるべき姿への

大きな一歩となります。


営業・設計課 中村将之

中村 将之

中村 将之

住宅事業部 営業設計一課 課長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ