ブログ

良い間取りの作り方④

設計の中村です。

昨日に続き

『良い間取りの作り方』

第四弾。


___________________

『良い間取り』とは?

___________________

良い間取りについて

3日間に渡り

ご紹介してきましたが

そもそも

『良い間取り』とは

どんなものをさすのでしょうか?

皆様は

どんな間取りが

良い間取りだと思いますか?

私なりに

まとめてみました。

①【意匠】美しくあること

ex.外観、内観

どうせ建てるなら

美しくなければならないと思います。

②【構造】安心であること

ex.地震に強い、壊れない

間取りと構造は

深い関係性があり

構造に強い間取りと弱い間取りがあります。

やっぱり強くないと!

③【性能】快適であること

ex.地域性、暖かく涼しい、日当たり、風通し

快適性に関しては

仕様や設備といった

イメージがあるかもしれませんが

それ以前に

間取りが悪いと

仕様や設備に

無駄な費用をかけてしまう場合もあります。

④【生活】豊かな人生、暮らしを送れること

ex.居心地の良い、動線、可変性、外構

このことはイメージしやすい方が

多いかもしれません。

間取りの中に

“人”が居ることを

想像できるかが重要です。

⑤【金額】価値があること

ex.無駄な費用をかけない

金額以上の価値を生み出す

無駄なスペースがないか?

またこのことにもあのことにも使えるなど

多様な意味を持たせることも

重要だと思います。

他にもあると思いますが

大きくは

この5つかなと思います。

__________________


同時に

バランス良く

まとまっていること

__________________

しかも

この5つの項目が

同時にバランスよく

まとまっていることも

重要と思います。

どれか1つの項目が

極端に良かったりすると

住んでから

他の項目に

とても不満を持ってしまう

ケースが多いからです。

【意匠】【構造】

【性能】【生活】【金額】

これらの項目を

同時にバランスによくして

良い間取りを

良い家を

手に入れましょう!

営業・設計課 中村将之

中村 将之

中村 将之

住宅事業部 営業設計一課 課長

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ