ブログ

お正月飾り

リノベーション事業 谷口 です。

慌ただしい年の瀬を迎えて、気持ちだけがバタバタと浮ついて

いるのですが、新年を迎える準備は整いましたでしょうか?

何処のお家にも、必ず『お正月飾り』を飾られるのではないでしょうか?

ましてや「新築」「リフォーム・リノベーション」など、お住まいを一新

された方は、一段と力が入っているのではないでしょうか?

この『お正月飾り』は、お正月に家々を訪れる「年神様」をお迎えする為の

モノなのです。

まず『門松』は、年神様が降臨するときの目印といわれています。

冬にも緑を失わない生命力の象徴である「松」や、成長が早く

すくすく伸びる「竹」を使って、長寿・繁栄を表します。

そして、よくあるのが『しめ飾』です。

こちらは、「神域と現世をへだてる結界」と言う意味があります。

年神様が安心して降臨できる神域を作って、お迎えします。

そして、『鏡餅』です。

こちらは、年神様へのお供えものでもあり、神様が宿る依り代でもあります。

年神様をお見送りしたあとに、みんなで食べ、神様の力を分けていただくのが

『鏡開き』です。

今年は、31日に『門松』を作成してみようかと企んでいます。

今年も大変お世話になりました。 来年も変わりませず、よろしくお願いしま

す。

谷口 充

谷口 充

常務取締役 営業設計二課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ