ブログ

住宅の寿命 6

設計の築山です。
家を建てられるお客様から、時々質問が出るのが、「なるべくメンテナンスがかからない家にするにはどうすればいいのか?」というものです。家づくりを担う身としては、このような質問に対しての答えを考えることはとても重要で、これからのベーシックハウスの本質を捉えてゆくことにつながると思います。


堀部安嗣氏の著書、住まいの基本を考えるの中に住宅の寿命について書かれたコラムがありましたのでそちらをご紹介します。

六つのS層

六つのS層とは、アメリカの作家スチュアート・ブランドが著書How Buildings Learn(建築はいかにして学ぶか)の中で、建築は六つのSの層で出来ていると言っています。それをわかりやすく表した図が上にあげたものになります。

図で示された線に太さの違いが見て取れると思いますが、これは更新の速度すなわち、寿命を表しています。太いものから順に

SITE(敷地)
STRUCTURE(構造)
SKIN(外装)
SERVICES(設備)
SPACE PLAN(空間設計)
STUFF(家具調度)

つまり、住宅は層によって寿命や更新速度が違うので、その寿命を一概に言うことはできないのです。けれどもその層と役割と速度の違いを認識することは住宅の成り立ちや寿命を考えることにつながると思います。現代の日本の住宅事情と照らし合わせて、順番に六つのSについて説明していきます。


STUFF(家具調度)

 家具調度の層には家具はもちろん、テレビ、パソコンなどといった家電も含まれるでしょう。パソコンなどは更新のスピードは速いけれども、生活に密着した重要な存在になっています。また、家具の配置を変える、すなわち模様替えのバリエーションが増やせる家は楽しく飽きない家につながると思います。さらに、家具は考え方によっては最も寿命が長いものかもしれません。本当にいい家具は、住宅の寿命が尽きても新しい家に持って行ったり、世代を超えて使われることも珍しくありません。


住宅事業部 営業設計1課 築山

築山 大祐

築山 大祐

住宅事業部 営業設計一課

スタッフ紹介>
資料請求

TEL

資料請求

お問い合わせ