お住まい再生中です。

少し前から減築部分の解体やら屋根瓦の撤去などを行って
いた大型リフォームの『K 様』宅を覗いて来ました。

このお家が建つまでは、同じ敷地にワラ屋根の住まいが存在
していたそうなんですが、それはもう随分前の話で知っている
人は居ません。

そんな歴史を少しだけ見つけることが出来ます。

元々の住まいの桁やら梁に使用されていたと思われる材料が
床下から現れました。

昔は、角材(四角い)が、そう簡単に手に入るわけも無く、
高価な代物だったのと、モノに対して大切にすると言う
気持ちが強かったんでしょうね。

長年の風雨と白蟻さんのイタズラで、少々病んでる部位も
見受けられますから、その部分のみを治療させてもらって
その昔の材料をそのまま使用します。

新しい材料に引けを取らない強さを持っている「木材」に
チョッと感動しながら感心した現場寄りでした。

播磨のくらし“しそう杉の家” の ヤマヒロ : 谷 口

人気ブログランキングへ
 
    ↑  こちらのOneクリックご協力お願いします!
  
【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
   ※お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です